Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2013/01/11

大食いロケ地再探訪(3)…涙の再会!コロアン島のワンちゃんからエッグタルトまで

当サイトの読者の皆様に、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。今年はこれまでにも増して様々な方面の方々との出会いの多い年にしたいものですが、とりあえず本年初のコラムとしては、旧年中の思いがけない「涙の再会」のエピソードについてご紹介したいと思います。

昨年12月、マカオに立ち寄る機会があったことは昨年末までのコラムで述べた通りですが、このときはスケジュールに思わぬ空き時間が多少発生したため、急遽コロアン島に連れて行っていただくことになりました。向かう先は聖フランシスコ・ザビエル教会…2009年秋の男女混合戦こと「元祖!大食い王決定戦inマカオ」(TV東京)の準々決勝「ラムチョップのミントソース添え45分勝負」(→元祖!食いだおれ決定戦(3)…マカオのミントソース)が行われた会場でもありました。

 

上の写真は2009年のロケ時のもので、大食い選手用の机や椅子、ライトなどが既に配置されています。ちなみに、観光客は全くおらず、ここに映っている人物は全員が番組スタッフという、まるで貸切状態です。

 

それが、昨年末はこのような感じで、マカオ市内でごった返す観光客の喧騒とはほど遠いものの、ちらほらと観光客が見えます。前回のマカオロケ時にはまだいなかった岩手放送のオラ君が、今回は鮮やかに登場です。オラ君の背後の教会は相変わらずですが、よく見ると右上に掲げられた標語が赤地に黄色の文字から黄地に赤い文字に変わっていること、窓の部分の飾りの色使いに相違があることなど、微妙なマイナーチェンジが見られます。

 

右上の標語部分を拡大してみました。左上が3年半前、右上が昨年末です。こうしてみると、書かれている文言がかなり違っており、マイナーどころか大幅チェンジがあったことが確認できます。

さて、この聖フランシスコ・ザビエル教会を三年半前に訪問した際、このような可愛いワンちゃんに出会ったことは以前のコラムで述べました。じ~っとこちらを凝視したまま微動だにしなかったこのカメラ目線に、完璧に参ってしまった3年半前のワタクシでありました。(→元祖!ポチたま選手権…ワンちゃんは大食い王が好き?

 

それが今回、期せずして再び同じ道を歩くことになった私の目の前に、突如降臨したのはこちらのカワイ子ちゃんでした!↓

 

どうでしょう。三年半前のワンちゃんと比べるとやや小さく若い感じなので(しかも首輪がない)、前回のワンちゃんのジュニアでしょうか?それにしても、似た面影のあるワン子との三年半ぶりの再会に、私は一人ではしゃいで周囲から浮いてしまったのでした。しかし、この子と三年半前のワンちゃんとの間には、大いなる相違点があることに気づかれたでしょうか?実は今回のワン子ジュニア、カメラを向けるとサッと顔をよけてしまうのです。証拠写真が取れないのが残念なところですが、カメラを向ける直前までは一応、この子はこちらをじ~っと向いてくれるのです。それが、チャンスと思ってカメラを向けたその瞬間、いきなりスッと右の頬を差し出す…という有様です。まさに、「オマエはイエスか?!」(教会前だけに…笑)と突っ込みを入れたくなるような、不思議なワン子でありました。

それでも、コロアン島でのワンちゃんとの思わぬ再会は感動の一言でありましたが、感動の再会といえば、私にとってはこちらの石碑もそうでした↓。

 

この石碑は、海に面するようにザビエル礼拝堂の正面にそびえ建っております。ちなみに、海の向こうは中国です。これらの写真はかつて大食いロケの合間に撮影したものですが、今回の三年半ぶりの訪問の際にも、変わることなくこの石碑はありました。なお、石碑の説明部分を拡大したのが右上の写真です。このときは、この説明文の意味がよくわからず、うやむやのまま帰国してきてしまいましたが、昨年末の訪問の際にようやく詳細が判明しました。かつて、このコロアン島は海賊の巣窟となっていたそうなのですが、今から百年余り前(碑文に1910年という文字が見える)、マカオの人たちが海賊掃討大作戦を展開、(双方に)多大な犠牲者を出しながらも何とか海賊をクリーンアップして島を回復することができたということで、この石碑はその際の犠牲者を追悼するために建立された慰霊碑との事です。前回聞きそびれた解説を今回聞くことができ、三年半越しの疑問(?)が解消されたのも、これはこれで感動的でした。

今回は新年最初ということで、「感動の再会特集」ついでに、こちらもご紹介しちゃいます。聖フランシスコ・ザビエル教会に向かう途中、人気の少ない道に突然、人が並んでいるお店が出現したのでした↓。

 

これは、関西の方ならきっとご存知の”アンドリューのエッグタルト”の、マカオ・コロアン島にある本店です。まさか人が比較的少ないコロアン島にお客さんがズラリと列をなすお店があるというだけでもビックリなのに、まさか道頓堀で見たことのあるエッグタルトのお店にマカオで遭遇しようとは思ってもみませんでしたが、よく考えたらエッグタルトはマカオ名物なので、マカオで遭遇するのが本来の姿というものでしょう。かつて、大阪・道頓堀方面に足を運べば、必ずと言ってよいほど買って帰るのはここのエッグタルトか難波の”りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキ”…と相場が決まっていたワタクシでしたが、調べてみたら”アンドリューのエッグタルト”はいつの間にか鶴橋・神戸本町・京都寺町など近畿圏で店舗数を増やしているのと、東京や名古屋などの遠隔地でもたまに期間限定での販売がある模様で、その人気は全国区となりつつあるようです。あの繊細な味覚は、日本のみならず世界の皆様に味わっていただきたいもので、店舗の世界展開も注目されるところです。

最後に、話が飛んだついでに”りくろーおじさんのチーズケーキ”についても一言。ここの焼きたてチーズケーキは、私のみならず近畿圏の大勢の方々が子供の頃から親しんできたであろう大阪下町・郷土の味覚であります。お店そのものも、かつては北加賀屋(あまりにローカル!)にしかなかったのが、いつの間にか店舗数を大阪・神戸で10店舗にまで増やしているという、近畿圏のスイーツの大御所です。焼きたてのアツアツ・フワフワのチーズケーキを手に入れるには、多少並んで待つ必要があるのですが、それでも関西にお越しの節は、是非とも焼きたてをお持ち帰りいただくことを強くお勧めいたします。

最後まで脱線してしまいました(笑)。こんな調子ですが、今年もよろしくお願いいたします。


<参考サイト>
アンドリューのエッグタルト 道頓堀、鶴橋、甲子園、京都のスイーツ

大阪銘菓「焼きたてチーズケーキ」・りくろーおじさんの店

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487