Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2012/08/10

ドイツで観戦するロンドン・オリンピック2012 (2)…日本で見た垂れ幕や横断幕の選手が登場!須磨友が丘高校訪問記

前回掲載の原稿を作成していた時点では、まだロンドンオリンピックにおける「トビウオジャパン」こと日本競泳陣のメダル獲得は栃木・作新学院高等部3年生のスイマーである萩野公介選手のみでした(→ドイツで観戦するロンドン・オリンピック2012 (1)…吹き起こした作新の風!!)。しかしその後、前回の記事にも登場した松田丈志選手や入江陵介選手や他の選手の大活躍で嬉しいメダルラッシュが続き、「トビウオジャパン」は合計11枚のメダルを獲得して帰国となる模様です。あらためて関係者の皆様に祝福の辞を捧げたいと思います。

さて、大会早々に始まった競技の中には重量挙げがあり、開会式翌日には女子48kg級で三宅宏美選手の親子二代に渡る(しかも親を超えた!)感動の銀メダル獲得もありました。そしてその翌日、三宅選手に続けとばかりに女子53kg級に登場してきたのは、笑顔のステキなこの女性でした。

ん?KANAE YAGI?ヤギ・カナエ?八木かなえ?どこかで見聞きしたことがある名前だな、と思っていたら、早速思い出しました。前回の一時帰国の際、仕事で訪問した学校が、偶然にも彼女の母校だったのです。

 兵庫県立須磨友が丘高等学校…たまたま所要でご縁があった学校ですが、この日まで私はこの学校のことを何一つ知りませんでした。「祝 ロンドンオリンピック出場 八木かなえ選手」の垂れ幕を見ても、ウェイとリフティングのこともこれまた何一つ知らない私は、「ふーん、そういえばもうすぐロンドンオリンピックか~!」と思った程度で、あまりピンと来なかったのです。それが、同校の玄関をくぐった瞬間、それはもう度肝を抜かれる光景に出くわします。この学校、重量挙げの世界においては日本随一ともいえる屈指の強豪校であり、少し廊下を歩くだけでも表彰状にトロフィーにと、過去から現在に連綿と続く栄光の軌跡が所狭しと展示されていたのでした。

 

上の写真は「ウェイトリフティング部・八木かなえ選手」の競技歴と手形が刻まれたパネルです。26回生である彼女、全国高校女子選手権3連覇、53キロ級で全種目の日本記録樹立(スナッチ83kg、ジャーク106kg、トータル186kg)などの記述があります。

通りかかった同校教諭の方に思わず突撃質問してしまいました。

私  「こちらの学校は、ウェイトリフティングが強いんですね」
教諭「男子も強いけど、うちは特に女子が全国トップレベルで、こないだも優勝したばかり」
私 「ウェイトリフティング自体が珍しいのと、県立の学校でこれほど高いレベルのチームを毎年作るって、大変難しいことなのではないですか?」
教諭「実は、いい指導者がいたんです。だから集まってくる」

その話を聞いて俄然興味が湧いた私は、帰宅後インターネットで早速検索してみました。

ウェイトリフティング部紹介 須磨友が丘高等学校

このホームページで最も深く納得させられたのは、下記の記述でした(以下、青字は全て引用):

”45㎏の人間と90㎏の人間の勝負は一般的には、誰が考えても明らかである。体重の多い人〔筋肉量が多い〕が少ない人「筋肉量が少ない」に勝つのは当然であるが、体重別でやることによって体格差のハンデがなくなり、自分の実力が精一杯発揮でき、又、日本の場合、高校から始める人が殆んどなので競技歴の差が なく、努力次第で日本高校チャンピオンになることも十分に可能です ”

この「体重別」と「ほとんどが高校始め」の2点は、日本におけるスポーツ振興を考える上で実に重要な指摘であります。というか、日本のスポーツのキモはこの2点に尽きるとさえ言ってもよく、さすがは須磨友が丘高校レスリング部、ホームページ内容にも手抜かりがありません。

これはオリンピックに限らず、これまでもあらゆるスポーツを見てきた中で子供の頃から感じてきたことなのですが、「体重別」の制約のある競技、その中でも特に軽量級の世界においては、日本人がその特性を最大限有利に生かせる傾向がある反面、体重制限のない競技、中でも純粋にパワー(それも特に上半身の強さ)を要求される競技となると、日本人にはやや不向きなのではないかという疑念が頭をよぎります。特に今回のロンドンオリンピック、ドイツでは当然ながらドイツ選手の登場する競技の放映が優先されており、ドイツの筋骨隆々な選手たち(男女を問わず!)がカヌーやボートに競輪といった競技でメダルを量産するさまを連日これでもかとニュースで見せつけられて日々を過ごす中で、日本人の肉体的特性というものを考える癖がここ数日のうちについてしまったのでした。

それでも、いわゆる「高校始め・大学始め」が多い、つまり競技開始年齢が比較的高い種目に関しては、肉体的特性による不利という要素が代償され、俄然勝機が生まれてくる可能性がうかがわれます。今大会で日本勢が銀・銅メダル獲得の大活躍を果たしたアーチェリーやフェンシングなどにも、そのような要素があったのではないかとの推論があります(これについてはまた後日別稿予定)。

なお、先述の須磨友が丘高校の教諭の発言の中で、読者の皆様は疑問に思われたかもしれません。私もそうでした。「いい指導者がいたんです」という発言、どうして過去形なのだろう…?と。あえて聞き返さなかったその理由も、帰宅後のネット検索であっさり判明しました:

横山信仁 報道ステーション TVでた蔵(2011年5月16日放送 21:54 - 23:10 テレビ朝日)

”ウエイトリフティング・八木かなえが、女子高校生の日本記録を塗り替えた。八木はかつて体操の有望選手だったが、高校からウエイトリフティングに転向した。
八木かなえの入部した須磨友が丘高等学校ウエイトリフティング部は、元日本代表監督の横山信仁が顧問を務めている。体操で鍛えられた体で、八木は驚異的な成績を残した。
八木かなえは、金沢学院大学に今年進学した。八木は自己ベストの188キロを上げ、大会新記録で大学日本一になった。
ウエイトリフティング・八木かなえ選手についてスタジオトーク。 ”


4年早く夢かなう 53キロ級の八木かなえ(毎日新聞)

”兵庫県立須磨友が丘高校の入学見学で、重量挙げをする部員らの真剣な表情にひかれ、即入部を決意。当時監督をしていた横山信仁さん(63)=現・金沢学院大監督=がスクワットさせると、「股関節が開いた下半身の安定感、背筋の伸びなど重量挙げに必要な素質の高さに驚かされた」(横山さん)という。
 全国高校選手権を3連覇し、3年生で迎えた11年の全日本ジュニア選手権では、トータル186キロの高校新記録も樹立した。高校入学時、八木選手に「すぐに高校チャンピオンにしたるからな」と告げた横山さんも「予想以上の成長ぶりに驚かされる」と舌を巻く。 ”


朝日新聞デジタル:素質見抜いた監督と二人三脚の大舞台 重量挙げ・八木
(上のリンク先に二人が並んで談笑する写真あり)

以上のサイトの内容から、須磨友が丘高校の教諭が指す「指導者」とは元日本代表監督の横山信仁氏のことであり、この方が2011年春の八木かなえ選手の同校卒業に伴い一緒に金沢学院大学に移動したことがわかります。日本代表監督が県立高校の部活動を指導するというのも凄い話ですが、「指導者の力量」もまた、競技人口の多寡を問わず選手育成ひいてはスポーツ振興のキモの一つであることは間違いなく、先の2点に追加されるべき第3の重要要件と言えるでしょう。

ちなみに、今回のロンドン五輪での八木かなえ選手の成績はスナッチ82kg、ジャーク109kgのトータル191kgで12位というものでした。次回のリオデジャネイロ五輪ではこの記録をさらに上回り、ぜひともメダル獲得をと、私も須磨友が丘高校の先生方とともに期待を寄せたいと思います。

最後に、上の写真ですが、これまた別の仕事で訪れた天理大学に掛かっていた横断幕です。ロンドンオリンピック出場の同校卒業生には、男子柔道100kg級の穴井隆将選手のほか、女子ホッケーに6名(加藤明美・岩尾幸美・駒澤李佳・阿久津智恵・柴田あかね・大塚志穂)の選手がいるようです。穴井選手が2回戦敗退、女子ホッケーも一次リーグ敗退と残念な結果となりましたが、天理大学体育学部には今まで同様、日本のスポーツ界を牽引する活躍を今後とも期待したいと思います。

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498