Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2012/07/13

大食いベトナムロケで遭遇した面白いモノ大集合!(3)…どこの国にもある?!「三段腹解消下着」

『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)が海外ロケとなった2007年春以降、いろいろな国を訪れる機会を与えて頂き、スタッフ一同にはとても感謝しています。大食い選手の健康管理担当医師として、自分ではなかなか行くチャンスのない国に足を踏み入れ、見聞や人間関係を広めることができたことは、大変良い経験になりました。

さて、一年余り前に行ったベトナムロケでの話です。ホテルにて空き時間にボーッとテレビを見ていたところ、このような画面が目に飛び込んできました↓。

どうやら、何かの補正下着の通販番組のようです。さらに、このような画面が続くのでした↓。

 

上の写真はズバリ、左が「使用前」、右が「使用後」といったところでしょうか。背後から流れる軽快なミュージックに乗せて、サッパリちんぷんかんぷんの異国言語がまくしたてられているのですが、まるで自分がベトナム語が分かるかのように、私の脳内にその意味が伝わってきます。

「このような二段バラ、三段バラは恥ずかしい!でも、このガードルを着れば、あなたのタルんだおなかも…、ホ~ラ!この通り、スッキリ!」

そんな意味であることは、まず間違いないことでしょう。しかし、このモデルのベトナム人女性、一見細身に見えますが、このポッコリお腹は本物なのでしょうか?まるでウェストポーチのような、”とって付けた”感があるような、ないような…。

さて、次は「美の国」こと、フランスです↓。

今度のガードルは、生地がずいぶん薄い感じがします。そして、例のごとく「使用前」「使用後」の映像が続きます。

 

何やら、ベトナムで見たのと同じような話の展開になってきました。今度は「三段バラ」ではなく「三段ワキ」を攻めてきました。それにしても、生地がずいぶん薄いように見えるこの商品で、ここまで「三段ワキ」が解消されるものなのでしょうか?なお、こちらの商品には、ベトナムのガードルにはない特徴があります。次の写真のごとく、三通りの使い道があるのです↓。

 

ボディスーツのようにも、ペチコートのようにも、ガードルのようにも使い分けができる…とありますが、やっぱり体型補正には生地が薄すぎるのではないかという疑惑が拭い切れません。

それにしても、こういう体型補正下着、どういう人が買うのか気になってしまいます。というのも、普段ドイツにいる私の目には、ベトナムやフランスは比較的スリムな女性の比率が高い国だと思えるからです。そんなにみんな三段腹に悩んでいるのでしょうか。ドイツの女性など、タテにもヨコにもかなりガタイのいい人が多く、中には力士かと見間違いそうな三段腹・太鼓腹のメタボ女性も決して珍しくありません。しかし、みんなどちらかというと「体を締め付けない」「自然に、ありのままに」ということに価値を置いており、百貨店や通販番組で補正下着を目にする機会自体がそう無いのです。

と思ったら、今度は日本でも遭遇しました。一年ぶりのロケ再開となった『元祖!大食い王決定戦』のため先月一時帰国した際、我が家のテレビにいきなり映し出された画面は、こちらでした↓。

 

「日本よ、お前もか?!」の心境で、どこかで見たようなガードルの再登場です!しかし、さすがに日本の番組、説明の仕方が他国と比べて一枚も二枚も上手です。

 

実際に愛用者の方にモデルとしてスタジオで試着してもらい、感想やコメントを引き出していく手法です。試着前の映像には「BEFORE」、試着後には「AFTER」と、日本のテレビの代名詞とも言える御得意の「字幕」も欠かせません。逆に、フランスやベトナムでその字幕が出ていなかったことに対し、今さらながら興味がわいてきました。なお、上下の写真の「AFTER」の映像においては、「ジーパンの上に乗っかっていたココの部分のお肉、消えてなくなっていますね~!」などと、案内役の女性が手振りや指さしで繰り返し分かりやすく解説していくところは、ほとんど学術番組のようです。そして、やや過剰とも思えるあおり文句ともども、日本のテレビ番組(特にバラエティ)で往々にして目につく、独特の粘着感を残しています。

 

それにしても、改めて写真をよく見たら、「三段ワキ」「三段背」はそのまま残っているではありませんか。上から圧迫して段がつぶれただけということでしょうか。世界を席捲する三段腹・三段ワキ・三段背、etc…。それでも、ありのままのナチュラルな三段腹ではどうしていけないのか、ありのままの自分を認め、ありのままの自分を愛するということは、そんなに受け入れがたいことなのか?その辺は、実は日本の大食い番組を見ていて頻繁に問いかけたくなる命題でもあったりします。こういうところにも、国民性が反映されるということでしょうか。そして、世界の通販番組を見比べると、意外とそんなお国柄が透けるように顕在化してくるケースがある…それが今回のケースだったと言えるのかもしれません

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476