Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2011/11/11

ドイツ流「GO!GO!省エネ」(3)…欧州式洗濯機はドラム式が当たり前!」

ドイツといえば「環境大国」「エコ先進国」というイメージを持たれる方が多いかと思います。かくいう私もその一人だったのですが、実際にドイツに住んでみると、その「省エネ」の内容が想像していたよりも随分”節水”に偏っていることに驚かされた…というのが先週までの内容でした。先々週の「すすぎ水」(→ドイツ流「GO!GO!省エネ」はひたすら節水(1)…「すすぎ水」の衝撃体験)、先週の「容器ごみは洗うな」(→ドイツ流「GO!GO!省エネ」(2)…「プラスチック容器のゴミは洗う?洗わない?」)に引き続き、今週取り上げるのはドイツのドラム式洗濯機です。

近年では日本にも随分と浸透してきたドラム式洗濯機ですが、ドイツでははるか昔から、洗濯機といえばドラム式と相場が決まっています。電気洗濯機が登場する前には、加熱した石鹸水の中で洗濯物入りの金属製ドラムを手回しするという”手動洗濯機”が製品化されていたということが、以下のページからもうかがえます。

Wikipedia日本語版:「洗濯機」

上記サイト右上方には、1930年(!)にドイツMiele社が初めて世に送り出した手回し式洗濯機の実演動画があり、これは一見の価値のある映像です。石鹸を溶かした水の入った金属トレイを下から火で加熱し、その石鹸湯に部分的に浸かったドラムを女性が手回しで回転させることで、中の洗濯物がドラム内で叩き洗いされる仕組みになっています。当時は水はもちろん、洗濯に用いる石鹸水もまた貴重品だったようで、石鹸水の回収や使いまわしも可能であるこのドラム式手回し洗濯機は、当時のニーズに沿ったものと言えるでしょう。

時は進み、ドイツで全自動洗濯機が普及するのは1950年代に入ってからのことですが、この当時の機械もまたドラム式であったということを、上記サイトの真ん中あたりに登場する写真(Constructa社1950年代製造の全自動洗濯機)から知ることができます。なお、ここで言うドラム式全自動洗濯機とは、「ドラムの回転軸が垂直ではなく水平方向にある洗濯槽を搭載している」という意味で、洗濯物を入れる扉が上面ではなく前面に付いているものを指すと考えて下さい。ドイツではこのような洗濯機は「フロントラーダー(Frontlader)」(直訳すれば”前から補充する”の意)と呼ばれています。

これに対し、日本でよく見るタイプの「上面にフタがあり、洗濯槽の回転軸が垂直方向にある全自動洗濯機」はというと、ドイツでは「トップラーダー(Toplader)」(”上から補充する”)と呼ばれ、旧東ドイツで人気のあったWM66という有名モデルが知られていますが、これはどちらかというと骨董品の範疇に入る存在であり、今のドイツの一般家庭で見かけることはまずありません。Wikipediaのドイツ語版には、トップラーダーが広く普及しているのはアメリカとアジアとオーストラリアとの記載があり、日本もここに入るとみて良いでしょう。

さらに、最近では『元祖!全自動洗濯機発祥の国』アメリカからの援護射撃もあったようです。アメリカ合衆国エネルギー省(U.S. Energy Department, DOE)の調査にて、水平軸ドラムのフロントラーダーは垂直軸ドラムのトップラーダーに比べて水道の使用量が38%減、電気・温水使用量は56%減となったそうです。水の使用がほぼ半減すれば、必然的に洗剤の量もほぼ半分で済むことは言うまでもありません。このほかにも、フロントラーダー型ドラム式洗濯機の長所として、生地が傷みにくいこと、脱水の効率がよいこと、より大きいものを洗えること、トップパネルが開かないために上に乾燥機を積んだりモノを置いたり、本体をキッチンシェルフの下などに設置することが可能になり、狭い住居への設置に有利であることなどが挙げられています。このためか、アメリカでも2000年以降、ヨーロッパ仕様のドラム式洗濯機の普及が急速に進んでいるようです。

Clothes Washers – Energy Choices at Home – Consumer Energy Center - California Energy Comission (2011年1月13日)

一方で、フロントラーダーにも欠点はあります。日本に従来普及しているトップラーダー型の洗濯機に比べ、洗濯時間が倍以上かかる点、前面扉だと上面扉に比べて負荷がかかりやすく壊れやすい点、使用する水や洗剤の量が少ない分、洗浄力も劣るとされる点などです。

さて、ドラム式洗濯機普及の影には常にヨーロッパ人の「節水信仰」が見え隠れします。来週は、渡独早々にわが身に降りかかった「ドラム式洗濯機事件」について説明したいと思います。
バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496