Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2011/05/13

緊急寄稿(8)…ブロックされなかったハリウッド映画の共通点

前回のコラムでは、『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)の海外ロケ終了後に日本と欧州の間を往復した際、飛行機内のシートプログラム(全日空・日本-欧州便・2011年3月)に異変があったと述べました。3月上旬に見ることのできたクリント・イーストウッド監督作品『HEREAFTER』が、作品内に2004年スマトラ大地震に伴う大津波の再現シーンがあるとして、3月下旬にはブロックがかかって見れなくなっていたという内容でした(緊急寄稿(7)…ブロックされたハリウッド映画『HEREAFTER』)。

なお、その他のハリウッド映画はというと、ブロックされたものはありませんでした。とはいっても、上映映画リストを見て思うのは、ハリウッド作品にはとても物騒な内容のものが結構多いということです。『HEREAFTER』の津波災害と地下鉄テロ事件以外にも、爆破テロあり、火災あり、原子力潜水艦あり、毒物を積んだ暴走列車ありといった具合です。福島の原子力発電所の爆発が何度もあった直後とはいえ、さすがに「爆発」「原子力」というだけでは上映中止とはならないでしょうし、そこまで拡大解釈したら上映できる映画がほとんどなくなってしまう…それほど、特にこの月は、ハリウッド映画にその手の内容の作品が集中していたのです。その中で、私がピックアップして鑑賞したのは以下の3作品でした。

1本目) CRIMSON TIDE (1995年アメリカ、ハリウッドピクチャーズ、トニー・スコット監督作品)

 

説明:「サスペンス。原子力潜水艦を舞台に、第三次世界大戦の脅威と戦う二人の男性(デンゼル・ワシントン、ジーン・ハックマン)の物語」

2本目) UNSTOPPABLE (2010年アメリカ、20世紀フォックス、トニー・スコット監督作品)

 

説明:「実話(※)に基づくサスペンスアクション。有毒化学物質を搭載して暴走する貨物列車を止めようとする二人の人物(デンゼル・ワシントン、クリス・パイン)の物語」
(※)実話とは、2001年5月15日にアメリカ・オハイオ州で発生したCSX8888号暴走事故。

3本目) DEJA VU (2006年アメリカ、ブエナビスタ、トニー・スコット監督作品)

説明:「サスペンスアクション。フェリー爆破事件の真相をつかもうと奮闘するATF捜査官(デンゼル・ワシントン)の物語」

映画に詳しい方であれば、これらの映画に共通点があることに既にお気づきのことでしょう。今回の全日空国際便のシートプログラムは、「トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン主演作品特集」だったのです。

トニー・スコット氏は現在おん年66歳のイギリス人映画監督で、初期の代表作品ではトム・クルーズ主演の『トップガン』(1986年)『デイズ・オブ・サンダー』(1990年)、エディー・マーフィー主演の『ビバリーヒルズ・コップ2』(1987年)などが有名です。それが、1995年の『クリムゾン・タイド』から、それまで明瞭に娯楽色の強かった作風から、硬派な社会派へとシフトしたようです。ちなみに、その1995年以降、9作品中5作品がデンゼル・ワシントン主演、1作品がウィル・スミス主演であります。その役どころも軍人や地下鉄職員さらに弁護士といった具合で、”お堅い職業”に就く知的な黒人というのは、彼の作品に頻出のキャラクターと言えそうです。

今回の3作品ともに、主演のデンゼル・ワシントン氏が演じているのは、そんなお堅い職業に従事する「正義の味方」としての知性派インテリ役です。そして、なぜか相方がやや感情に走る白人というのも、これまたお約束のパターンのようです。これは、長年にわたるアメリカにおける人種差別の歴史を変革するためのハリウッドの姿勢の一つだったのかもしれませんし、その流れの中でついにはオバマ大統領の誕生も迎えたと考えることも、できなくもありません。そのあたりも、アメリカ映画におけるデンゼル・ワシントンという俳優の功績の一つでもあるのかもしれない…などと漠然と考えながら3作品を一気に見た、大変有意義なフライトでありました。

特に3本目の『DEJA VU』という映画は、時節柄というか意図せずというか、ついつい今回の東日本大震災に置き換えてストーリーを追ってしまう内容でありました。そして、そのことがかえって、全く別のフィクションであったはずの当作品に妙な説得力を与えたようにも思えました。その内容はあたかも、この震災直後の日本に対して重要な教訓や強力なメッセージを発信しているようでもありました。その内容については、来週あらためて具体的に述べていきたいと思います。

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483