Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2007/11/02

前書き〜火中の栗を大食い?

ある日の午後、携帯電話に留守録が入っていました。

「昨日の放送では、おかげさまで大変すばらしい視聴率が取れましたので、お礼の電話を…etc.」などと
声も完璧にうわずった『元祖大食い王決定戦』(テレビ東京)のプロデューサーの1人からのメッセージです。ムムッ、今までこんな電話かかってきたことなかったのに…。そう思っていたら、翌日の新聞紙面にデカデカと載りました。9月30日放送の3時間スペシャルだったこの番組は、テレビ東京歴代2位の快挙となる19.7%という高視聴率を獲得したようです。

そもそも、この番組と私との出会いは2005年初め。
民間の医師派遣会社から届いた1通のメールにさかのぼります。メールで配信される求人の中に、「大食い番組が撮影帯同医師を募集している」という、何とも毛並みの違う募集がありました。前代未聞の依頼内容のみならず、募集先が医療機関でなくテレビの制作会社というだけでもかなり異例です。

私自身は元々、それまで大食い番組を1度も見たことがない、全くの「大食い素人」。しかも専門は脳神経外科。多少悩みましたが、ひとまず制作会社の担当者に会ってみました。その時お話頂いた内容は、大食い番組は、それを真似た中学生の死亡事故があったことにより三年間放送を自粛していた。長い沈黙を破って満を持して復活させるにあたり、医師による健康管理を徹底したいとのこと。テレビ東京及び制作会社である「零クリエイト」の熱意は、さすがは大食い番組の「元祖」を名乗る人々ならではのもので、これは火中の栗を拾うような話かもしれないと思いつつも引き受けました。こうして迎えた2005年の春。見るも初めての大食いの世界に、私は足を踏み入れたのでした…。

このサイトでは、大食い番組の撮影帯同医師(番組ドクター)として見てきた事、会ってきた人、様々な観点からまとめたコラムを毎週掲載していく予定です。大食いファンから大食い素人まで、皆様の理解をさらに深めることに貢献できればと思います。

ちなみに広辞苑によると「火中の栗を拾う」の意味は、「他人の利益のために危険をおかして、バカなめにあうこと」と説明されています。

大食い撮影帯同医師の仕事は予想以上に幅広く、医学の範疇にとどまらない部分が重要だったり、非常に規制や制約の多い中でこなさないとならない難しさがあります。ただ 単にドクターストップだけ出していればいいような仕事ではなく、まさに「火中の栗を大食いするような業務」であるということに、私も最初から気づいていた訳ではありません。その辺の詳細についても、今後少しずつコラム内で紹介していこうと思っています。

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472