Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2010/03/19

大食いロケ必携医薬品(6)…虫刺されクリーム「きっかけは高橋実桜!」

最近の日本では、虫除けといえば基本的にスプレー製剤が主流です。広い面積をササ~ッと一吹きできるスプレーの方が、手で塗りこむクリームと比較して、全身をカバーするのに要する時間が短くてすむことが、その理由でしょうか。しかし、2007年8月末の『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)のロケで駆け込んだタイの薬局では、虫除けといえばクリームを強く勧められました。そこには、熱帯ゆえの感染症学的事情が反映されているのかもしれない…というお話でした。

先週掲載の丸っこいタイ文字がびっしりと書かれた虫除けボトルは、そもそもは当番組の「虫刺されキング」こと山本卓弥さんのために探してきたアイテムでした。ところが、当番組には実は「虫刺されクイーン」もいたのでした。前年(2007年)のバリにおいて、番組初登場となった当時の高橋実桜さんは、当時あまり化粧っ気が無かったにもかかわらず、競技中に蚊に目の上を咬まれ、その部位がアイシャドウのようなピンク色に変わったことで、ほんのり化粧をしているように見えたということがありました。山本さんほどの被害にはあわなかったものの、彼女もまた血液型がO型であることから、「O型の血はきっと美味しいんですぅ~!」などと山本さんと語り合っていた姿を思い出します。

そして一年後、2008年8月末の海外ロケはタイに場所を移しました。「虫刺されキング」への虫除け処置に追われていたら、今度は「虫刺されクイーン」の方があちこちを蚊に咬まれてしまったのです。当時高橋さんは別の皮膚科疾患の治療中でもあっただけに、以前のインドネシアでの熱帯感染症の懸念も考慮し、私は再び現地の薬局に相談がてら駆け込んだのでした。

カタ「こちら(タイ)では、蚊に刺されたとき、どんな薬が必要なのか教えて下さい!」
薬剤師「それなら、コイツだね!」

 

今度は幸い、説明書がローマ字でした。この「ネオプレッド(Neopred)」という名は、その有効成分であるネオマイシン硫酸塩(0.35%)とプレドニゾロン(0.5%)を数文字ずつ取ったようです。日本人医師であれば、ここで即座に連想するのは「ネオメドロールEE軟膏」でしょうか。ネオメドロールEE軟膏はフラジオマイシン硫酸塩(0.35%)とメチルプレドニゾロン(0.1%)を配合した眼科・耳鼻科用製剤ですが、実はこの「フラジオマイシン」こそ、海外で言う「ネオマイシン」と同一物質なのです。これには裏話があり、1948年に日本人科学者・梅沢浜夫がフラジオマイシンを先に分離していたため、1949年にウクライナ出身のアメリカ人科学者Selman A. Waksman(1952年ノーベル医学・生理学賞受賞)が抽出に成功したネオマイシンは日本特許出願が却下され、世界中で使用されている「ネオマイシン」のネーミングが日本では使用されないのだそうです(それなら何故
「フラメドロール」でなく「ネオメドロール」と名づけたのでしょう?)。なお、アメリカでは皮膚の傷に対する応急処置薬として「ネオスポリン」が市販されていますが、これもまたネオマイシン硫酸塩(0.35%)を含むクリームであります。

日本では、虫刺されといえば多くがスースーする(≒メンソールやカンフルを配合した)ローションであり、抗生物質入りの製剤を使う慣習は無いに等しいことを考えると、タイで「ネオプレッド」を勧められた理由は、その抗生剤の方にあるのかと思われました。

カタ「スースーする液体とかは無いんですか?」
薬剤師「スースー?無くはないが、虫刺されに対して、かゆみを誤魔化すのは意味が無い!」

これには感心しました。タイでの虫刺されは単なるかゆみの問題ではなく、感染のリスクを回避することも重要だという話です。高温多湿の熱帯では、雑菌を甘く見るな…ということでしょうか。「郷に入りては郷に従え」という諺がありますが、当番組では「海外ロケでは現地薬局に従え」と言い換えるべきかもしれません。

以上の経緯から、タイで購入した虫除けボトルと虫刺されクリームは、当番組の海外ロケにおける必需品となりました。もっとも、翌年以降のロケ先(シドニー・マカオ)は必ずしも熱帯感染症学の対称疾患の溢れる地ではありませんでした。それでも、この2剤はお守り代わりとして、私のドクターカバンの中から選手の戦いを見守り続けています。

当番組きっての虫刺されキングと虫刺されクイーンは、感染症学や熱帯医学を復習する良いきっかけを与えてくれました。また、かつてのフラジオマイシンの梅沢博士のストーリーは、大学で宇宙物理学を専攻した元科学者でもある高橋実桜さん本人およびその周辺環境とも微妙に重なる部分があり、これまた色々と考えさせられました。いつの日か、キングとクイーンの両名と海外ロケでご一緒させていただく機会があればこれ以上の喜びはなく、そのあかつきには万全の医学的ケアでお迎えしたいと思っております。

<参考資料>

ネオメドロールEE軟膏-インタビューフォーム
http://products.pfizer.co.jp/documents/if/nem/nem01_if.htm

Wikipedia - Selman Waksman
http://en.wikipedia.org/wiki/Selman_Waksman

池田模範堂-虫刺され/商品紹介
http://www.ikedamohando.co.jp/products/insect_bite/index.html

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469