Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2010/02/12

大食いロケ必携医薬品(1)…口腔用トローチの巻

『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)は、いよいよ本選ロケを迎えます。この原稿が掲載される2月12日より、2010年春の女王を決定する熱い戦いが始まります。いつものロケバスが皆様のお宅の近くを通ることもあるかもしれません。その際は是非、手など振っていただけましたら、選手一同とても励みになることと思います。

さて、今回は「大食いロケ必携医薬品」の第一回として、この写真を掲載してみたいと思います。

上記は、前回の原稿で述べた素敵なマカオの薬局で入手した口腔用トローチで、いずれも日本非発売です。右のオレンジのものは英国製の輸入品で、ドイツでもよく見かけるものと同じで、パッケージ表記は全て英語です。左の紫のマークのものは、同様の英国製の輸入品ですが、タイでリパックされて香港に輸入されてきたものです。こちらのパッケージには英語と中国語が混在していますが、日本人である私たちには、その漢字表記だけで、それが鎮痛剤配合トローチであること、急な喉(ノド)の痛みに有効であること、カシス味(中国語の黑加倫子は、英語でblackcurrant、フランス語はcassis)がすること…などが理解できてしまうのだから、あらためて漢字文化に育ったことの威力に感激しきりでした。

ところで、喉の痛みに効くトローチが、どうして大食いに必要なのでしょうか。長年の大食いファンの方であればすぐにピンとくるでしょうが、大食い競技を見たことが無い方には想像がつかないかもしれません。私も当初、当番組のロケに参加するようになったばかりの頃、トローチや口内炎用薬などは持参しませんでしたし、その必要性に全く思いが及びませんでした。

しかし、当初は比較的牧歌的だった当番組が、回を重ねて往年の王者も加わり、一気にレベルアップが進むと、選手の勝利にかける執念の凄まじさを嫌というほど思い知らされることになります。固い食材、熱い食材、塩分の多い食材…当番組スタッフが出す試練難題をものともせず、45分を戦いきった選手の口の中は、粘膜が切れて出血したり、切れ目から粘膜が剥がれて赤々と腫れ上がったりするようになりました。スタッフが競技前に「水分をよく取れ」「無茶はするな」などと毎度の訓示を垂れるにもかかわらず、選手は試合開始の合図とともに完璧な戦闘モードに入ってしまい、なかなか言うことを聞いてはくれません。アドレナリン全開の競技中は、口の中に生じた痛みは強靭な意志の力でコントロールされているのですが、試合終了の合図とともにそのコントロールが外れ、あちこちから半泣きの声が聞こえてきます。

「のどの奥を切って、途中から血の味が…!」
「粘膜がはがれて、痛くて死にそう!」

以前のコラムでは、歯が欠けたり折れたりするケースについて書いたことがありました(→●大食いドクターのカバンの中身(5)…アロンアルファ編)。しかし、実際にはこの咽頭裂傷や口腔粘膜剥離の方が、歯のトラブルよりも頻度としては多く、痛みも圧倒的に強いものです。しかし、そんな思いをしてまでも、彼らは隣周囲には絶対に負けたくないようです。大食いと無縁の人間にはとても信じられない世界ですが、そんな選手が減るどころか増えるばかりである現実を目の当たりにして以降、そんな彼らの試合後の激痛を和らげ、あるいは殺菌をするための口腔用トローチは、大食いロケの必需品となりました。その中でも、写真左側のカシス味のトローチは、その味で強烈バトル後の心を癒す効果までも発揮したようで、「すごく美味しい!」と選手に大変好評だったため、マカオでさらに追加購入して帰国しました。

といっても、トローチには色々な種類があります。今回紹介のトローチは、右が抗菌成分入り、左が鎮痛成分入りです。はじめは日本国内の市販ののど飴や、病院処方用のトローチを持参していましたが、2005年末に私自身が渡欧してからは、海外の薬品にもターゲットを広げるようになりました。そして、少しでも彼らの苦しみを和らげる方法は無いものかと、同僚や知人医師たちに相談しつつ、ついにある”一品”を探し当てた次第であります。ちなみに、今回掲載したStrepsils(使立消)は、その”一品”を選手たちが消費するペースあまりに速く、手持ちの在庫が尽きたため、慌ててマカオ市内の薬局をコーディネーターと探し回った末に見つけた代用品でした。代用品の方も選手にはそれなりに好評ではありましたが、やはり本家の威力には及びません。ということで、次回はその本家である”一品”について述べてみたいと思います。


<参考資料>
Reckitt Benckiser – Our brands

Wikipedia - Strepsils

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495