Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2010/01/15

元祖!食いだおれ選手権(4)…マカオのカレー

マカオ料理といえば、皆様は何が思い浮かぶでしょうか。マカオは旧・ポルトガル領であり、同国のアジア貿易の拠点として長く繁栄してきた歴史があり、世界中から合流してきた食文化の影響を受けたであろうことは、想像に難くありません。ただ、中華料理やイタリア料理などに比べると、日本では馴染みが薄いと言わざるを得ません。私自身、前回の大食いロケでマカオに行くまで、マカオ料理をというものを食べたことがありませんでした。

マカオ滞在ですぐに気付いたのは、食べものがどれも日本人の口に非常に良く合う味だったことです。以前大食いロケで訪れたハワイ・バリ・タイ・シドニーにおいては、美味しいものも多かった反面、必ずしも日本人の舌に合うとは言えない料理に遭遇することが多々ありました。それが、マカオに関しては、前回コラムに出てきた「ラムチョップ・ミントソース添え」のような競技用食材からカメラの回っていない時のスタッフ用の食事に至るまで、実にハズレの無い「食いだおれ行脚」だったのでした。

その中から、今週ご紹介する一品は、コレです↓。

先週書いた「ラムチョップのミントソース添え」を用いた準々決勝の収録後、スタッフは選手を先にホテルに返し、昼食をとることになりました。入ったのは、このロケ現場のすぐ近くの裏通りにある隠れ家的な大衆食堂です。

ちなみに、マカオ名物の一つに「蟹カレー」があります。「シーフードカレー」も有名だそうです。確か、制作会社ゼロクリエイトのディレクターたちも、初めはこの手の名物カレーを注文しようとしていました。しかし、我々が入店した時刻、実は店はまだ準備中でした。大将(シェフ?おやじ?)が寝起きのような格好で出てきて、愛想のない声でこう言いました。

「コノ時間帯ダト、コレシカ出セナイ!」(←広東語)

そうして、問答無用で出てきたのが、このビーフカレーです。ぱっと見た感じは、日本のボンカレーやバーモンドカレーと変わりません。しかし、よく見れば、ルーがサラッとしていて二色のパプリカがたくさん入っているところが我らには目新しく、それでいて日本のカレーのようにジャガイモがゴロゴロと入っています。ジャガイモがゴロゴロ入ったカレーは、日本国外では少なくとも私は一度も見たことがありません。周りのスタッフも意表を突かれた表情です。早速各自が口に運んでみたところ、テーブルのあちこちから一斉に声が上がりました。

「コレ、余り辛くないね!日本の甘口カレーみたいな感じ」
「マカオと日本って、ひょっとして同じ食文化圏?」

そもそもカレーはインド発祥の料理です。それが、スリランカやバングラデッシュに中国といった近隣諸国、マレーシアやタイにインドネシアなどの東南アジア諸国、イランなどの中東諸国、さらに植民地時代の宗主国イギリスへと伝播し、さらに行く先々でそれぞれの国独自のカレーへと姿を変えていきました。

他方で、マカオと日本の間には、16世紀以来400年以上の長きに渡る交流の歴史があります。程度の差こそあれ、ともにポルトガルの影響を受けたという共通項もあります。ポルトガル語を語源とする日本語の単語には、「パン」「カステラ」「金平糖」「天ぷら」など、食べ物に関するものがかなりあり、日本の食文化がポルトガルから受けた影響の大きさを思わせます。

なお、Wikipediaによると、日本にカレーが伝わったのは明治時代。イギリス経由で伝わり、独自の進化をとげて国民食となるに至ったようです。それに対し、ポルトガルにカレー(ポルトガル語ではcarilという)が伝わったのは16世紀、同国がゴア、ダマン、ディーウという、いわゆる「ポルトガル領インド」と呼ばれる地域を植民地化して以降のようです。ゴアの名物カレーがこれまた「蟹カレー」「イカカレー」「フィッシュカレー」などで、マカオと一致するのも興味深いところです。以上から、マカオのカレーは宗主国を同じくする「ポルトガル領インド」から伝わり、(中国や日本などの)近隣諸国の影響も受けつつ、独自の(やや日本寄りの?)形に落ち着いたのではないかと推測されます。『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)のスタッフがロケ途中に遭遇した一皿は、マカオ料理の中でも日本との間の400年の歴史を最も濃厚に詰め込んだ、両国友好のエッセンスだったのかもしれません。


<参考資料>
Wing Travel第1929号  2009年6月29日(pdf)

Wikipedia - Curry 

Wikipedia – ポルトガル領インド

Wikipédia - Caril (culinária)

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495