Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2009/10/09

アンジェラ・ギャラリー(2)…ネーミング秘話

近年の『元祖!大食い王決定戦』(TV東京)は、5泊6日の本選ロケ(うち4日間が海外)の前日の午前に、最後の一枠を決める敗者復活戦である「最終代表決定戦」を行うスケジュールが定着しています。本選の一ヶ月ほど前に行われる大阪予選および東京予選で次点になった選手が、本選前日に東京に呼びつけられます。ここで勝利をおさめると、同日夕方からの当番組恒例の健康診断にて他の選手と合流し、翌日からの本選ロケに参加します。つまり、敗者復活戦経由の選手は、他の選手よりも一日多く試合をすることになります。

2009年春の女王戦の場合も、本選ロケの前日に最終代表決定戦が行われました。このときの司会は、本選と同じ中村有志さんです。しかし、その一ヶ月前に行われた東京予選の司会は、中村さんではありませんでした。彗星のごとくあらわれて東京第一代表の座をかっさらったノーマークの大型新人のことを、現場で何も知らないのは自分だけ…という状況に焦ったのか、中村さんは私に会うなり真っ先に聞いてきました。

「今度の東京一位の新人さんって、どんな人?」

ここでどう答えるかが、後々の番組の司会に多大な影響を与えるであろうことは、今考えれば当然のことでした。しかし、当時は私もそこまで考えが回っておりませんでした。ありのまま、率直に彼女についてあれこれ説明しましたが、そのときの第一声が、これでした。

「アンジェラ・アキさんみたいな雰囲気の人!」

前日の私の説明が司会者の頭の中でどのように処理されたかは、覗きようもありません。しかし、翌朝スタートした本選ロケで、早々にその答えは出ていました。ロケ初日から中村有志さんはまさに「舌好調」!佐藤綾里さんの「近寄りがたい美貌」と「お笑い芸人のようなギャグ」が同居するキャラクターが、当番組キャリア15年超のベテラン司会者の滑舌にプラスの化学変化をもたらしていることは、現場でもすぐにわかります。彼女には、顔がどうとか身長がどうとかいった個別の事実の寄せ集めを超越した、圧倒的な存在感があり、これまでに登場した誰にもなかったようなオーラを放つ彼女を形容する文脈のなかで、司会者の口をついて何度もでてきたのが「アンジェラ・アキ似」ひいては「アンジェラ佐藤」という表現でした。

この展開に、スタッフは最初のうちは難色を示していました。先方は、事務所もあるタレントです。勝手に名乗って、万一訴えられたりしたら…という懸念でもあったのでしょうか。司会者に対して両手でバッテンを出してみたり、陰で何やら打ち合わせしていましたが、スタッフもついに観念したようです。

司会「ところで、アンジェラって言っちゃって、大丈夫?」
プロデューサー「もうさんざん言っちゃってるし、手遅れでしょう!」(←開き直りの笑顔)

かくして、超美形大型新人・アンジェラ佐藤の誕生となったわけです。ただ、この名前、決して彼女からかけ離れた響きでは無いように思えるのは、私だけでしょうか。「アンジェラ」(Angela)とはそもそも、「アンジェリカ」(Angelica、ドイツではAngelika)の短縮形であります(注)。彼女の本名である「アヤリ」とは、「ア」と「り」が共通です(←逆に「ア」と「リ」しか一緒じゃない!というツッコミが聞こえてきます…)。天使を意味する「エンジェル」(angel)からの派生語である「アンジェリック」(angelic)は「天使のような;愛らしい」という意味で、天然色豊かな彼女にピッタリのような気がします。しかし、「アンジェリカ」にはもう一つ、別の意味があります。

それは、日本では「アンゼリカ」「シシウド」とも呼ばれる、鎮痛薬用植物です。その効能がこれまた傑作なので、引用します:

<アンジェリカ>
学名Angelica archangelica。セリ科の多年草で、茎を料理に、根を薬用に使う。食欲不振や胃けいれん、胃の膨満感などを和らげる作用があり、ドイツでは医薬品として認められている。
(日経BP社「サプリメント辞典」より)

やはり、この名前、彼女のためにあるような名前だと言えないでしょうか?(笑)

「アンジェラ」=「アンジェリカ」=「大食いの救世主」

という構図、どうやら医学界のみならず、大食い界にも共通の公式だった模様です!

以前は「アンジェラだなんて恐れ多いです~!アホンジャラでいいですぅ~」などといっていた佐藤綾里さんも、最近ではアンジェラ・アキさん本人からコンサートチケットが送られてきたりするなど、随分と「アンジェラ度」を増してきたようです。ちなみに、最近総選挙があったばかりのドイツの現在の首相は、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)という女性です。それでも今後、「アンジェラと言えばアンジェラ・佐藤」という時代がやってきたとしても、上記の公式がある限り、誰にも何も遠慮することはないと思いますよ、アンジェラ君!

 

 

(アンジェラ・アキ風のジーンズ姿の佐藤綾里さん(左)と、バイリンガルこと梅村鈴さん(右)。オーストラリア・フェザーデール動物園にて2009年2月28日撮影。その辺をウロウロするカンガルーやエミューは比較的人なつこい。時間帯によっては、コアラを抱かせてもらうことも可能)

(注)「アンジェラ」(Angela)とは、「アンジェリーナ」(Angelina)の短縮系である場合もあり。ただ、アンジェリーナ・ジョリーのように、「アンジー」(Angie)と呼ばれることもある。

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476