Nagoya Talents' Network - タレコラ

Dr.片山晴子 RSS Feed

金曜日

Dr.片山晴子

高校野球取材や大食い番組等のメディア出演を行う東京大学医学部医学科卒の脳神経外科認定専門医の医学博士。ドイツ在住。
2009/08/21

大食い戦闘服(2)・チュニックin Japan

大食い戦闘服(2)・チュニックin Japan

前回のコラムでは、大食い選手のファッションとして「チュニック」「ワンピース」の比率が増加していること、その理由として「腹部の圧迫を防ぎ、一口でも多くハラに収めることができる」という競技上のメリットが考えられると説明しました。この中でもチュニックは、ファッションにさほど敏感ではないドイツでも、今年に入って流行の兆しを見せています。今週は、チュニックという衣服について少し説明を加えつつ考えみたいと思います。

広辞苑で「チュニック(tunic)」を引いてみると、以下の説明があります。
「婦人上衣の一種。多くは4分の3丈程度の長さ。時代によりさまざまな型がある」
また、ブリタニカ国際大百科辞典には、こうあります。
「古代ギリシャ・ローマ時代に着用した衣服。呼称の由来はラテン語で、おおうものの意。…(中略)…まっすぐな円筒形の服で、ウエストを締めるか締めないまま下着または上衣として着用され、今日の多くの上衣の原型とされる。現代では特に女性用の、スカートやズボンの外に出して着用する臀部までの上衣をいう」

よく、古代人の生活を再現する漫画や映画ないし展示などで、円筒形の麻製の布をスッポリ被っただけのような服を着た人物が出てきたりします。その胸周りや腰周りにはくびれがなく、頭と腕を通す部分だけを丸くくりぬいたような、大変原始的な衣服です。例として、先日訪問した姫路市の「あずきミュージアム」に展示されていた、縄文人を模した人形の写真を載せてみます。

 

この人形の衣服は、上記のブリタニカで説明されているチュニックのうち、ウェストをベルト状の布で締めて着用する上衣に相当します。こうしてみると、王侯貴族でもない限り、古代の一般庶民は、オシャレやファッション以前に、食料を調達したり、危険から身を守ることで精一杯だったと思われます。動きやすく体を締めつけない衣服が好まれるのも、考えてみれば極めて当たり前のことです。

それがいつの間にか、やたらとウェストのクビレや胸の膨らみ、腰のラインなどを強調する服がオシャレという時代に代わっていきました。ファッションとはそもそも、古代エジプト時代のファラオやヨーロッパの宮廷文化における王妃や貴婦人など、「食料調達はあくまでも他人任せ、自分は食べるほう専門」という、大変めでたい立場に身をおく人以外には意味をなさない道楽だったはずです。それが、18世紀から20世紀にかけての産業革命から技術革新の流れの中で、ファッションも次第に庶民に手の届く概念となり、日本でこの語が単独で定着したのは1960年代に入ってからだそうです。

あらためて考えると、農業・漁業など一次産業に従事する人口の激減、食料自給率の低下、輸入食料への依存…この辺がまさに日本を17世紀のフランス王侯貴族顔負けの「ファッション大国」へと走らせる要因なのかもしれません。自分で汗や泥にまみれて食料を確保する必要もなく、食料調達はあくまでも貨幣でなされる世の中です。しかも、いくら経済危機とはいっても、世界で最もお金を持っていると思われている国・日本です。世界に冠たる独自の高度なファッション文化は、日本女性たちがそんなお金と情熱を注いだ産物なのでしょう。

この流れで考えると、「チュニック」という古代文明の時代の衣服が、最新鋭技術のあふれる現代に流行するのは、なんだか変な感じがしてきました。しかも、大食い界のみならず、ドイツ女性の間にも流行しつつあるというのが嬉しいところです。その共通項は何か?この辺については、来週に続きます。

<参考資料>
あずきミュージアム
姫路市阿保甲611-1 (株式会社「御座候」の敷地内にあります)
http://www.gozasoro.co.jp/amuseum/top.html

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469