Nagoya Talents' Network - blog

ブログ:Posts list

2008/12/04

ビリヤード:センターショット

知識は身につけているし、練習もしているけど、よくミスしてしまうという方は多いのではないでしょうか?
ミスするということは、ポケットする(入れる)能力が十分ではないということです。
そのような場合には、センターショットで練習することが効果的です。
センターショットはテーブルの中心に的球を置き、コーナーポケットへとポケットする練習です。手球の位置は、ポケットと的球の直線状のラインに置きます。
要するに、真っ直ぐ撞いてポケットする練習です。
この練習ははっきり言って地味ですが、ポケット(入れ)に関しては効果的です。
同時にストップショット、フォローショット(押し球)、ドローショット(引き球)などで Read more...
2008/11/20

ビリヤード映画

今日はいつものビリヤードのプレイ内容から離れて、ビリヤードの映画をご紹介します。
ビリヤード映画ってあったんだと思う方も多いと思いますが、「ハスラー」、「ハスラー2」といえば思い出される方も多いのではないでしょうか?
ハスラーは1961年に制作された映画で、ポール・ニューマン演じるファースト・エディという若きハスラーが、伝説のハスラーミネソタ・ファッツに挑む話です。
50年近く昔の映画ですが、ビリヤード映画としてだけではなく、単純に『映画』としてみてもおもしろい作品です。人間にとっての勝利と敗北を考えさせられます。
ハスラー2は1986年に制作されたハスラーの続編で、ポール・ニューマンだけ Read more...
2008/11/06

ビリヤード:ポジションプレーの重要性

ビリヤードの基礎を覚えてポケット出来るようになっても、ゲームでは勝てないということはありませんか?ビギナーが直面する大きな問題のひとつに、連続してポケット出来ないということがあります。
例えば、ナインボールのゲームで、テーブル上に8番と9番しか残っていない状況で、8番はポケット出来ても9番をポケット出来なくて負けてしまう。
連続してポケット出来なければ、このようなことが多々あると思います。原因は手球のポジショニングが悪いからです。
目先の的球をポケットすることだけを考えても、ゲームに勝利することは難しいです。ビリヤードのゲームは、次のショットをどれだけポケットしやすい位置に持って行き、連続 Read more...
2008/10/23

ビリヤード ゲームの種類 その7

今回は「シューティングセブン」を紹介します。
このゲームはビリヤード用品の老舗卸会社「淡路亭」と、ビリヤード場の「プレイランド蒲田」が共同考案したゲームです。内容はナインボールと似たようなゲームですが、ナインボールよりルールも簡単で初心者から上級者までが楽しめます。
◆ラックの組み方◆
1番~7番の球を用意し、7番を中心に周りを囲むように配置します。
◆プレイ人数◆
2~3人でプレイします。1人で練習としてプレイしても良いでしょう。
◆勝利条件◆
1番~6番の的球を全てポケットした後に、最後の7番をポケットしたプレイヤーの勝利です。
◆ゲーム進行◆
バンキングで先攻と後攻を決めて、ゲーム Read more...
2008/10/16

ビリヤード ゲームの種類 その6

今回紹介するゲームは「ボーラード」です。
このゲームは簡単に言うと、ビリヤードでボーリングをするゲームです。
1フレームに2回撞いて、10フレームまで続け、技術力が問われるゲームなので、プロテストの実技試験に採用されています。
◆ラックの組み方◆
10個の球を使い、三角形に組みます。
球の順番は下記のように並べます。
   ⑨
    ⑦⑥
  ⑤④①
⑩③⑧②
◆プレイ人数◆
1人~複数で楽しめますが、時間が掛かるので少人数で行うことをお奨めします。
◆勝利条件◆
ボーリングと同じように、総合得点の高いプレイヤーの勝利となります。。
◆ゲーム進行◆
ゲームはブレイクショットで Read more...
2008/10/09

ビリヤード ゲームの種類 その5

今回は「カットボール」を紹介します。
このゲームはパーティーゲームとして最適のゲームです。
プレイヤーはそれぞれに決められた持ち球を対戦相手にばれないようにゲームを進めていき、自分の持ち球を全てポケットされてしまったら負けとなります。
勝負の駆け引きがおもしろいゲームで、プレイヤーのレベルも関係なく、ビギナーからベテランまで一緒に楽しめます。
◆ラックの組み方◆
15個の球を使い、三角形に自由に組みます。
◆プレイ人数◆
2~5人で楽しめますが、2人だと駆け引きは楽しめません。
◆勝利条件◆
ビリヤードテーブル上に残った、最後の的球が持ち球のプレイヤーの勝利です。
Read more...
2008/10/02

ゲームの種類 その4

今回紹介するゲームは「ローテーション」です。
ローテーションはナインボールをはじめ、他のゲームの基本となっているゲームです。
このゲームは得点形式で、ポケットした球の番号が得点になり、あらかじめ設定した得点に先に到達したプレイヤーの勝ちになります。
戦略なども必要になってくるので、ナインボールよりも難しいゲームです。
◆ラックの組み方◆
1番~15番の球を使い、1番を頂点に三角形に並べます。
その際に、ポケット側の2つの頂点に2番と3番を配置して下さい。
他の球は自由に並べて構いません。
◆プレイ人数◆
1対1でプレイします。
◆勝利条件◆
勝利得点を設定しておき、先にその得点に達した方 Read more...
2008/09/24

ゲームの種類 その3

今回紹介するゲームは「エイトボール」です。
エイトボールは1対1の対戦ゲームの基本とも言われています。
ローボール(1~7番)とハイボール(9~15番)でお互いの持ち球を決めて、自分の持ち球を全て落としきった後に、最後の8番を落とすゲームです。
ビリヤードのゲームでもナインボールの次に一般認知度が高いゲームです。
◆ラックの組み方◆
1番~15番の球を使い、8番を中心に置き、三角形に並べます。
その際に、ポケット側の2つの頂点にハイボールとローボールを1球ずつおいて下さい。
他の球は自由に並べて構いません。
◆プレイ人数◆
基本的に1対1でプレイします。
◆勝利条件◆
自分の持ち球を全てポ Read more...
2008/09/18

ゲームの種類 その2

ゲームの紹介の第2弾です。
前回はビリヤードで最もメジャーな『ナインボール』をご紹介しました。
メジャーとはいえ、ナインボールは奥が深いゲームなので、今日はもっと簡単な初心者向けのゲームを紹介します。
今回紹介するゲームは『ベーシックゲーム』です。
このゲームは単純に15個の的球を落としていくだけの簡単なゲームで、的球の番号に関係なく、狙いやすい球からポケットしていけば良いので、初心者でも充分に楽しむことが出来ます。
◆ラックの組み方◆
1番~15番の球を使い、1番をフットスポット(テーブル上の丸印)に置き、三角形に順番通り並べます。
◆プレイ人数◆
1人で練習としてプレイしても良いし、2 Read more...
2008/09/11

ゲームの種類 その1

これまでの内容でビリヤードの基本は習得されていると思います。
今回から、いよいよゲームを紹介していきます。
まずは以前にも説明した『ナインボール』です。
ナインボールは最もポピュラーなゲームですが、凄く奥が深いゲームです。
単純に9番を落としたら勝ちというものではなく、それまでの内容も問われます。
そのため、ビギナーには少し敷居の高いゲームかも知れません。
◆ラックの組み方◆
1番~9番の球を使い、1番をフットスポット(テーブル上の丸印)に置き、9番を真ん中に配置した菱形にします。
他の球は自由に並べて構いませんが、球同士が離れないように注意して下さい。
プレイ人数
基本的には1対1で勝敗 Read more...
Pages: 123456