Nagoya Talents' Network - blog

2008/05/22

ビリヤード基礎編:ポケットの練習

前回は手玉を使った練習方法を紹介したので、今回は的玉を加えてポケット(手玉を的玉に当てビリヤードテーブルにある穴に落とすこと)の基礎練習を紹介します。

基礎の練習は、ポケット・手玉・的球を一直線に並べて、的玉をポケットします。
一直線上に並んでいるので、手玉を真っ直ぐに撞けていれば、間違いなくポケット出来るはずです。
この練習で大事なことは、ポケットするのはもちろんですが、ストップショット・フォローショット(押し玉)・ドローショット(引き玉)の確認になります。
以前説明したこの3つのショットは、ビリヤードにおける基礎のショットです。

まずはストップショットですが、ポケット・手玉・的玉を一直線上に並べてポケットした時には、的玉の位置にピタリと止まるはずです。
ショットの強さによっては多少前に動くこともありますが、的玉の位置から右や左にずれた場合は正確に撞けていないということです。

次にフォローショットについてですが、フォローショットの場合は、手玉が的球を追いかけていく形になります。
的球と一緒に手玉も一緒にポケットさせる感覚で練習してください。
手玉がポケットに落ちず左右にずれたり、ポケット・手玉・的玉の直線状に止まらなかったりした場合、正確に撞けていないということです。

最後にドローショットについてですが、ドローショットの場合は、手玉が的玉に当たった後に手元に戻ってくる形になります。
ドローショットの場合も、ポケット・手玉・的玉の直線状に止まらなかった場合は、正確に撞けていないということです。

全ての練習においてミスした場合は、ストロークが崩れて撞点がずれているということです。手玉がずれた位置に停止した場合だけでなく、的球をポケット出来なかった場合も同様のミスをしているということです。その場合はもう一度ストロークを確認しましょう。

0comments
Comments
No comments were posted yet
Write a comment
Name:

Want to add email/URL? >> Add
Comment: